DELICA D:3 P-CanⅢ/P-CanⅢplus

P-CanⅢで人生を愉しむ旅へ!

日常サイズのミニバンが本格的な車中泊カー

自由な旅に、高額なキャンピングカーはもう要りません。
宿泊機能とくつろぎ空間を両立させたキャビンのおかげで、 宿泊費不要だから、すきなだけ泊まって遊んでどこへでも。
しばられない旅の楽しさを味わえば、人生の風景が変わります!

デリカD:3を車中泊仕様に架装したのがP-CanⅢ(ピーカンⅢ)です。これは、私ども西尾張三菱自動車販売が独自開発したオリジナル車中泊カーの決定版です。いま、ご夫婦の自由なふたり旅からご家族のキャンプ旅行まで、P-CanⅢがひっぱりだこ! その理由と魅力をたっぷりご紹介します。


P-CanⅢの3大特色

① 「日常から使えるミニバン」を本格的な車中泊カーに!

軽自動車よりも大きく広く、ワンボックスカーよりもコンパクトで運転しやすい「使えるミニバン」としてご好評をいただいているデリカD:3ですが、3列シートの標準車から3列目シートを外し大きなラゲッジスペースを作り、さらに2列目シートを倒してマットボードを敷けばフラットベッドになる構造に。運転席の後方に広々とした快適な就寝空間が出現しました。

■ベッドスペースの広さ(奥行1800㎜×幅1100㎜)

シート状態からベッド展開が一瞬でできるので、就寝準備の手間が掛かりません。
広々した荷室がベッドの下にあるので、就寝するために荷物を移動させる必要がありません。
ベッドマットを片づけてセカンドシートを跳ね上げれば自転車も2~3台は積めるトランスポーターに早変わり。

回転シートでセカンドシートと対面して座ることができるので、1600㏄とは思えない広いリビング空間を確保できます。
ポップアップタイプの『プラス』を選べば、家族4人がゆったりと就寝することができます。
他にも電子レンジが標準装備されています。

② 車内が「ダイニング仕様」に早変わりする!

旅先で車を停めて腰を落ち着けたら、車内を居間のような空間にしてくつろぎたいものです。カーサイトの整備されたキャンプ場や、専用のオートキャンプ場などでは、テントを張った横に置かれた車を居間代わりに使っているキャンパーを数多く見かけます。P-CanⅢでは運転席と助手席を180度回転できるターンテックシートを標準装備していますので、セカンドシートと向かい合って座ることが可能です。ここにテーブルを設置できますから、車内がダイニング・スペースに早変わりします。

③デリカD:3の乗りやすさを活かす

デリカD:3の使いやすさは、「行きたいときにすぐに使え、思い立ったら気軽に出かける」というフットワークのよさが身上です。その基本は、「快適な乗降性とゆとりの居住性」です。この抜きん出た長所を最大限に活かしたのがP-CanⅢです。

  • 低く抑えたフロアの高さ(お子さまやご年配の方に配慮した設計)
  • 腰の上下移動が少なくてすむヒップポイントの設定
  • ゆとりのあるヘッドクリアランス(頭上の圧迫感がなく快適にドライブを楽しめる)
  • リヤの荷室部分には、両側スライドドアを採用し、大きな開口で乗り降りが快適

【P-CanⅢってどんなクルマ?】

  • 回転シートで広々リビングが実現。
  • ベッド展開がらくらく簡単!
  • ベッド下に大容量の荷物を収納。

P-CanⅢ plusにすればさらに空間が広がる!

P-CanⅢ plus はP-CanⅢにポップアップルーフを架装したものです。就寝人数が2人から4人となり家族で車中泊が楽しめます。
また回転シートテーブルが付き、右側上半分の家具が付いて電子レンジが入ります。
電装系(サブバッテリー)もついています。

P-Can3plus内装
P-Can3plus内装
P-Can3plus内装
P-Can3plus内装

P-Can3plus内装説明

  1. ① P-CanⅢ plusのポップアップルーフへの出入り口
  2. ② 運転席側後方のキャビネットの上段には、タオルや食器などを収納できる扉付きの小物入れから、ストッパーのついた棚などを完備しています。電子レンジは、初めから標準装備されています。
  3. ③ キャビネットの下段には、105Ahのサブバッテリーが収納されており、車内で使う電子レンジやポット、炊飯器などを使うことができます。
  4. ④ キャビネットの最後部には防寒・防熱シェードなどを折りたたんで収納することができるスペースを設けました。扉付きですから、見た目もスッキリします。
  5. ⑤ 助手席側後方のキャビネットは、車内空間を広くとるために、厚さを薄くしてありますが、少しでも収納できる場所があれば、全てに扉を付けて、物入れに利用しています。センターテーブル一式をイラストの用に固定ベルトで止めれば安全に収納できます。
サブバッテリーを収納
③ キャビネットの下段の扉の中に105Ahのサブバッテリーを収納。車内での電化製品を使用できます。
センターテーブルをベルトで止め固定したところ
⑤ センターテーブルをベルトで止め固定したところ
※写真は白いキャビネットのものです。
サブバッテリーから電源が取れる12Vソケット
⑥ 助手席後ろのキャビネットにサブバッテリーから電源が取れる12Vソケット
※写真は白いキャビネットのものです。
電装系 集中スイッチ
⑦ 電装系 集中スイッチ

【P-CanⅢ plusってどんなクルマ?】

  • ポップアップルーフが付いて、ゆったりと4人就寝が可能に。
  • 回転シートで広々リビング、ベッド展開がらくらく簡単!
  • ベッド下に大容量の荷物を収納

ご依頼ご相談などお気軽に
お問い合わせください
営業時間:ショールーム 9:30~19:00

0586-45-2521(代)お問い合わせ
資料請求

ページ上部へ戻る