ブログ

新型アウトランダーPHEV・ヒッチメンバー装着しました

最近アウトランダーPHEVでの牽引をご検討される方が増えています。

私自身、キャンピングトレーラーをデリカD:5で牽引していますが、たまに会社のPHEVでトレーラーを牽引する事があります。
デリカD:5のディーゼル・6ATという牽引に向いた設定ですが、アウトランダーPHEVの電気での牽引時のトルク感には負けます。

そんな牽引するパワーと、停車時の電源供給車としても役に立つことが検討される大きな要因だと思います。

ヒッチメンバーを装着する際にはこのようにバンパーに四角い穴を開けて、そこにスワンネックと呼ばれるヒッチメンバーを差し込む仕組みになって
います。

このヒッチメンバーは元々BRINKと言うメーカーなのですが、、スウェーデンの世界最大のカーキャリアメーカー・スーリーに吸収され、現在はTHULEブランドで発売されています。
(THULEは本来「テューレー」または「トゥーレ」と発音するらしいのですが、初めて日本国内で展開する際に商社であるFET極東が命名されたとの事です)

このような感じでヒッチメンバーの後ろに空いている穴に・・・

しっかり差し込む前は鍵のあるロック部分が赤いのが分かります。


しっかりと差し込むとこのように緑になります。



ここまでしっかりと入ると鍵を掛ける事ができ、落下防止、盗難防止としても役立ちます。

配線はヨーロッパで主流のEU13Pであればこのように装着されますが・・・

使わない時な折りたたまれてこのような感じになります。

車の後ろに普通に立っていれば、配線がある事さえ気づかれません。


弊社で取り付けられる方であれば、後3本残っていますので、お問合せを
お待ちしております。

by IBARAKI

ページ上部へ戻る