ブログ

九州のお客様に納車させていただきました

最近御納車のお客様のお写真を撮らせていただく機会がなかったのですが、久しぶりに九州のお客様に御納車をさせていただき、お写真を撮らせていただく機会をいただいたので、少しだけ撮影したD:POPの紹介をさせていただこうと思います。 今回のD:POPは最近よく施工していたグリルの塗装は無かったのですが、前後のセンターバンパー部分やフォグベゼルをブラックに塗装し、ほぼブラックな仕上がりとなりました。アルミとタイヤは純国産アルミ、品質に定評のあるレイズの【TEAM DAYTONA DS5】に最近デリカ乗りに大評判にTOYOオープンカントリー。16インチではなくノーマルタイヤと同じ18インチなので、かなり迫力もあります。デリカD:5の場合、アルミを変更する際には16インチをチョイスする方が多いのですが、今回のように18インチを選ぶと他の方とカブる可能性も低く、かなり差別化は図れと思います。

ロードハウスさんのカディスリヤラダープレミアムや特注のヒッチメンバーに、点灯するヒッチステップ等を装着しています。

マフラーはガナドール製でかなりカッコよく仕上がっています。 横に見えるのはFFヒーターのマフラーで、通常はノーマルマフラーの位置にくるのですが、ヒッチメンバーや社外マフラーを装着したらその位置に取り付けができなくなってしまったので、サービススタッフと相談しながら色々と取り回しを試行錯誤してこの位置に収めました。通常のFFヒーターのマフラーよりはかなり長くなっていますが、特に問題なくFFヒーターは可動致します。

今回コルトスピードさんの製品を2つ装着致しました。 ひとつはエアロサイドバイザーでノーマルよりはかなりカッコ良いデザインとなっています。 それともうひとつがこのMFオプティカルLEDブルーミラーです。写真の様に少し青くなっており、ウインカーを出すとこのような矢印の点灯が表示されます。純正比で約20%ワイドな曲面率を採用しているので、死角を減少させ安全性も高めているのが特徴です。 ご興味ある方は是非コルトスピードさんのサイトをご覧下さい。 →コルトスピードさんのホームページ

ナビはアルパインのBIGXに13.3型の後席モニター。このモニターを装着する場合、天井のプラスチック部分(ガーニッシュ)を削る必要があり、簡単にポン付けする事ができません。繊細な作業が必要ですが、しっかりと装着させていただきました。それとPグレードに標準装備されている天井の間接照明(リラックスルームイルミネーション)を赤から青に変更しています。個人的には赤よりも青の方が好きなのですが、皆さんがいかがでしょうか?この間接照明の色変更ですが、ディーラーオプションにも紹介をされていますが、実は先程の大型後席モニターを取り付ける際に天井のガーニッシュを削った事をご紹介させていただきましたが、これにより当然青いイルミネーションの加工も必要になってきます。詳細は省きますが、割と手の掛かる作業を施し完成させております。

他にもセカンドシート用のシートバックテーブルも付けています。これがあるだけで飲み物を置けたり、コンビニで買った物を袋に入れて吊り下げられたりかなり便利になります。サブバッテリーシステムやソーラーパネル、インバーターはもちろんの事、他にもベッドキットやダイナミックシールドモール、カーテン、防虫ネット、ハンドルプロテクター、防虫ネット、オートフラッグス製マッドガード等々、盛りだくさんのオプションで仕上げられた1台となりました。

主に九州でお見掛けすると思いますが、弊社のデモカーにしたいぐらいの仕上がりですので、もしお見かけになられた際には外観だけでもじっくりとご覧いただければと思います。

このような仕様なので完成まで通常よりもかなり長くお時間をいただきましたが、S様、今回はご遠方よりご来店いただきまして誠にありがとうございました。

by IBARAKI

 

ページ上部へ戻る